マンボウ肝油で血サラサラ

食の西洋化が進み、現代の邦人は高脂質、高コレステロールによっておこる動脈硬直や高血圧を通じておこる壮健心配に悩まされている。
これらはいわゆる血ドロドロの状態でおこる疾患のことで、動脈硬直や高血圧が進行すると脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる疾患のリスクも高まってしまう。
血泥んこを改善するには食べ物の再考が大切になります。
血をサラサラにする夕食のCEOといえば、サバやアジなどの青魚ですが、これらを四六時中取るのは困難です。
そこで取り入れたいのがマンボウ肝油が配合された栄養剤、マンボウサンQです。
マンボウには血サラサラ成分ですDHA・EPAに加え、それらよりも二度とおっきい効果があるDPAが豊富に含まれています。
DPAはドコサペンタエン酸と良いアザラシなどにもある不満杯脂肪酸で、血管失望甦生機能、血小板凝集緩和機能に加え、中性脂肪やコレステロール衰え機能を持つことから動脈硬直警備に大きい効果があるとされています。
その効果はEPAの50〜100ダブルと言われています。
このDPAは青魚にはまるで含まれていない結果、ふだんの暮しではなかなか摂取することができない成分と言えるでしょう。
しかしマンボウの漁獲量は非常に小さく、マンボウ肝油は非常に大事です。
その貴重なマンボウ肝油を配合したマンボウサンQは、今までのDHA・EPAが配合された栄養剤より高い効果が期待できるでしょう。薬用イオンクリーム